いじめ問題への対処法

世の中には、子どもがいじめの問題で悩んだり、それを取り巻く環境にある教師や親、地域住民、自治体・民間団体のスタッフが対応に苦慮したりしているケースも多く見受けられます。

いじめはなかなか表面化しづらく、実際に問題が発覚した時には相当深刻な状況になっているという事例も多いので、注意する必要があります。
そのような状況に陥る原因として、いじめられている子どもが、さらに被害が深刻化することを恐れたり、いじめられていることを「恰好が悪い」と思ったりして、事実を認めないということが挙げられます。
また、被害者の周りにいる子どもが、いじめの現場を目撃したとしても、問題に巻き込まれ、自分がターゲットになるのを恐れて、その場で止めに入ったり、教師や親などに相談したりすることなく、見て見ぬふりをするというケースもあります。
そして、いじめている側のグループが口裏を合わせたり、他の生徒を脅して口封じをしたりすることで、さらに問題の発覚しづらい状況がつくり出されます。

また、いじめを受けている子どもの周りにいる大人が、自分の保身しか考えなかったり、責任のなすりつけ合いをしたりしていては、問題の本質をいち早く見抜いて、真の意味で有効な対策を講じることはできません。
いじめの問題は、飽くまでも被害者である子どもが主役であり、本人の立場になって考え、捨て身で対処する覚悟が必要となります。

このサイトでは、いじめ問題に対抗する方法について述べます。



~注目サイト~
不登校 → → 子どものいじめの問題や不登校の解決方法がわかります。

Copyright © 2014 いじめをなくすために必要な教師の対策 All Rights Reserved.